複利攻勢

落ちこぼれ系会社員の投資ブログ

配当金の税金あれこれ

住民税は申告不要であることを申告する(わかりにくいってば)

証券会社から昨年の年間取引報告書が交付され、今年も確定申告の時期が近づいてきたことを実感し始めました。

源泉徴収ありの特定口座や非課税口座の運用のみの人は、基本的に確定申告しなくてもいいはずです。 しかしあえて源泉徴収なしにしていたり、損失が出ていたり、為替差益など他の収益がある程度存在する場合では しないといけない・した方が得なんてこともあります。

ちなみに配当金に関してはたとえ源泉徴収なしの特定口座を選んでいても源泉徴収されます。 ただこれも株式等の譲渡損失と損益通算できるので、その場合はあえて確定申告する意義はあります。 源泉徴収ありなら損益通算も勝手にやってくれたりします。

少し面白いことに、配当金は分離課税じゃなくて総合課税として申告することもできます。 年収が低い場合は分離課税より税率が低くなることがありますし、さらに配当控除なんてものもあります。

私自身は配当金目当てに運用していないので配当金の額は多くはないですが、望まなくても銘柄によっては多少分配されます。 金額的にわざわざ申告するほどではないですが、興味が湧いたのでちょっと調べてみました。

まず分離課税ですが、非課税口座でなければ分配時にざっくりと所得税として 15%, 住民税として 5% が源泉徴収で引かれるわけです。 強制的に利確させられるという意味でどうせ再投資に回す資産形成期に高配当投資は不利なんですが、それはまた別の話。

総合課税になると所得税累進課税で税率が変動、住民税は 10% です。 しかし所得税だけ総合課税にして住民税は申告不要とすると、住民税は既に源泉徴収されている 5% に下げることができます。 なので焦点は所得税が分離課税の 15% より小さくできるかどうかということになります。

課税所得 所得税
195万円未満 5%
195万円以上 330万円未満 10%
330万円以上 695万円未満 20%
695万円以上 900万円未満 23%
900万円以上 1800万円未満 33%

上の表から課税所得が 330万円未満の場合は税率が 15% より低いので、総合課税の方が有利ということがわかります。 さらに配当控除を使えば 10% 分の税額控除が受けられるので、それを加味した税率は以下のようになります。 (住民税にも配当控除はありますが、申告不要を選択した方が税率が低いので考えなくていいです)

課税所得 所得税 配当控除後
195万円未満 5% 0%
195万円以上 330万円未満 10% 0%
330万円以上 695万円未満 20% 10%
695万円以上 900万円未満 23% 13%
900万円以上 1800万円未満 33%

※1000 万円を超えると計算式が少し変わります(不利になる)。

なんと!課税所得 330 万円未満(年収だと600万円超くらい?)は配当に対する所得税が 0 になってしまいました。 分離課税だと 15% だったのが 0% です。これは大きい。

課税所得が 900 万円(年収換算だと 1200 万円超くらい?)近くあっても 15% → 13% なので一応お得です。

コスパが悪い

年収が低い私は当然課税所得も 330 万円未満なので配当に対する所得税を 0 にできます。イェイ!

と思いきや、実は外国株式だと配当控除が受けられません…。 つまり課税所得 330 万円未満までしか得にならず、所得税率も 5% or 10% までしか下げられません。 まあ得するうちはまだいいですけど、課税所得 330 万円以上だと逆に不利なので注意が必要です。 このくらいの水準だったらそれなりに当てはまる人もいることでしょう。

せめて外国税額控除は忘れずに使っておきましょう。 外国でも源泉徴収される場合があるので、その分を取り戻す制度ですね。 得するというより、余計に不利な分を減らすだけですが。

というわけで課税所得が 330 万円 ~ 900 万円くらいの人は日本株の配当は総合課税で配当控除を受ける、 外国株の配当は分離課税で外国税額控除を受けるのがベストかなあ、なんて思いましたがそんな器用なことはできないようです。 ある銘柄を申告するかしないかは選べるみたいですが、申告するなら総合課税・分離課税のどちらかに統一が必要みたいです日本株だけ総合課税で申告し、外国株は外国税額控除を諦めて申告しないのが最適戦略になるケースもありそうです。

それはともかく私の課税所得の場合は配当控除がなくても総合課税の方が得なので、特に考える必要はなさそうです。 なので特定口座の年間取引報告書を見れば……、うん?源泉徴収なしだと外国株式の配当金は年間取引報告書に記載されない???

面倒だけど各支払通知書を集計するしかないようです。 えーと何々、外国源泉徴収税額が……、うん?この銘柄、何故か外国源泉徴収されてないんだけど

軽く調べると国によっては源泉徴収していないことがあるようです。 米国株だと思っていましたが、あくまで米国株式市場に上場してるだけで企業の国籍は違うとか何とか。

そういえば確かに中国株とかあるもんね……。 他のヨーロッパの国の株とかあってもおかしくないよな。

不具合とかじゃなければ別にいいです。 この銘柄は外国源泉徴収なしだと理解しました。

と思っていたら同じ銘柄の別の時期の配当金は源泉徴収されてるんですけどナンデ!? どうやら四半期ごとの配当で外国源泉徴収ありとなしが交互になってるっぽい? もう理屈がどうなってるのかわからない。

結局はっきりと理屈が通る説明を見つけることができませんでした。 一見正しそうでも、少し古い情報だと現在もそうなっているのかわからないし、これ以上素人には調べようがありませんでした。 知ってる方がいらっしゃいましたら教えてください(何も出ないけど)。

まとめると

  • 低年収は総合課税にすると得をする
  • 配当控除と外国税額控除を活用しよう
  • 資産形成期に配当を追い求めるな
  • どうせ大した額じゃないならわざわざ確定申告するまでもない

私の場合、頑張って申告したところで高々数千円しか得しないからね……。

1月の成績(2週目)

先週から続落し損失は -9% まで拡大。もう終わりだよこのポートフォリオ。😭

トンガの噴火かなり大規模のようでしたが、株式市場への影響はあるんでしょうか。 仮想通貨は特に大きな反応を見せていないので、一気にリスクオフという雰囲気ではなさそうですが。

今年はもうダメかもしれない

行けたら行きます

年末年始の休みの間に色々やっておこうなんて考えていましたが、ドタバタしているうちに休みが終わってしまっていました。

ブログとしては 2021 年を振り返ったり、カテゴリの整理をしようかな、なんて考えていました。 整理はそのうちやるとしても、振り返りはタイミング的にやらないままになりそうです。

毎月の結果は残っているし、簡易的なものなら毎週分あるしでまあいいかなと…。 ネタがないときにお茶を濁すために利用するかもしれませんが。

ブログも以前ほどは情熱もないし、時間的な余裕も減ってしまったのでこれまで通りは続かないかもしれません。 一応1週間で月間パフォーマンスがどの程度になっているのかを残すためにも、週1で何か書いていくくらいはしたいと思っています。

いや、それだとこれまで通りか……。 でも最悪パフォーマンスの部分だけでもいいかなと考えています。

というか投資ブログなんだからそれだけでいいじゃん。 余計な文章をごちゃごちゃ書いてるから面倒になってくるんだ。

ともかく変な義務感で無理に書くよりは、余裕があればやるくらいの温度感で書いていこうと思います。 内容も少し軽くしようかな(元からスカスカ)

買いたい時が買い時

さて、以前から何度か言及していた通り実家の子供部屋を離れ、ついに一人暮らしを始めました。 足りないものを揃えたり、家事の回し方に慣れたりするのにまだしばらく時間がかかりそうです。

余裕がなくなってきたのはまさにこれのせいですね……。 まあいい年していつまでも親のお世話になっている方が世間一般的には変ですし、仕方のないことです。 逆に親のお世話をしないといけない人だっているだろうし、十分恵まれています。

資産形成的にはやっぱり痛いですね。 出費が大きく増えるので、どうしても入金力が下がってしまいます。(p活しなくちゃ)

気持ち的に一番辛いのは、時間的な余裕が減ることです。 仕事から帰ってきたら夕食の準備ができている、なんてことはなく、帰ってきてからがスタートラインです。 まともに自炊しようとすると後片付けも含めて結構時間がかかってしまうので、毎日はきついなあと。 1人分だと色々と効率も悪いし。

学生時代はほぼ毎日やっていたんですけどね……。 でもお金はなかったけど時間はあったので、それでも生活は回っていました。

今はもうとにかく時短したい気持ちが強いです。 外食だったり、冷凍の宅配弁当(nosh など)だったり、使えるものは使っていきたいです。 時短できる分お金はかかってしまいますが、しょうがないです。 宅配弁当なんかは下手な自炊より食事のバランスも良さそうですし。

食料や日用品の買い物も基本的にはネットスーパーで! 少々割高だったり、送料がかかるといっても自分で移動して持ち運びすることに比べたら安いものです。 ついでにビニール袋などもいっぱいもらえて地味に助かります。

足りない設備や道具も徐々に揃えていってます。 ある程度は予め準備していたつもりですが、実際に生活を始めると不足しているものがどんどん出てきました。 設備投資によって QOL が向上することを実感するのは結構楽しいです。 必要だと思ったらさっさと躊躇せずに買っていこうと思います。 懐は痛いですけど。

環境が変わるとこれまでの価値観も揺さぶられます。 投資スタイルにも影響があるかもしれません。

1月の成績(1週目)

今年はいきなり -6% 以上と大きなマイナスから始まりました。 1年間の先行きを暗示するかのような嫌な雰囲気です。

少し多めになっていた現金を eMAXIS Slim 全世界株式(オルカン)へ割り振りました。 全体的に株が下がったせいで現金比率は思ったほど下がりませんでしたが、しばらくは出費が増えそうなのでまあいいでしょう。

仮想通貨も結構下がっていますが、こちらもまだ割合的には買い増しするか微妙なラインです。

2021年12月の結果

成績

2021年12月の結果です。

月間の利回りは +0.6% 、年初来利回りは +20.7% になりました。 年初来総額は +57.5% です。

年月 月利 月利平均 年初来利回り 年初来総額 前年同月比
2021年1月 +9.0% +9.0% +9.0% +7.7% -
2021年2月 -4.0% +2.3% +4.7% +5.6% -
2021年3月 +2.1% +2.2% +6.8% +18.3% -
2021年4月 -3.7% +0.6% +2.4% +15.1% -
2021年5月 -1.7% +0.2% +0.6% +12.5% -
2021年6月 +12.0% +2.1% +13.5% +33.4% -
2021年7月 -7.1% +0.7% +4.6% +25.6% +65.3%
2021年8月 +9.0% +1.7% +14.8% +39.8% +66.6%
2021年9月 -5.8% +0.9% +7.4% +33.9% +65.9%
2021年10月 +18.8% +2.5% +29.5% +60.5% +103.2%
2021年11月 -6.5% +1.7% +20.1% +52.8% +74.1%
2021年12月 +0.6% +1.6% +20.7% +57.5% +57.5%

年間の目標としていた総額 +50% は無事達成しました。 10月を超えられなかったのが少し残念ではありますが、悪い結果ではありません。

今月単体で見れば利回りがヨコヨコでした。 中盤以降に前半のマイナスから反発してもう少し上に抜けられないかと思いましたが、帳消しが精いっぱいでした。 それでも辛うじてプラスで終われたので良い気分で次の年に向かえると思います。

続いて年初来比較です。

年月 総額 利回り VTI QQQ ARKK
2021年1月 +7.7% +9.0% -0.33% +0.26% +10.40%
2021年2月 +5.6% +4.7% +2.79% +0.13% +4.72%
2021年3月 +18.3% +6.8% +6.19% +1.72% -3.65%
2021年4月 +15.1% +2.4% +11.54% +7.73% -2.99%
2021年5月 +12.5% +0.6% +12.05% +6.44% -9.95%
2021年6月 +33.4% +13.5% +14.48% +12.67% +5.05%
2021年7月 +25.6% +4.6% +16.47% +16.20% -3.61%
2021年8月 +39.8% +14.8% +19.80% +21.10% -1.98%
2021年9月 +33.9% +7.4% +14.09% +14.09% -11.21%
2021年10月 +60.5% +29.5% +21.72% +23.07% -2.58%
2021年11月 +52.8% +20.1% +19.94% +25.52% -15.10%
2021年12月 +57.5% +20.7% +24.04% +26.81% -24.02%

自分の資産は円ベースの評価額で為替の影響を受けるため、単純比較はできません。 円安だったのを考慮すると自分の利回りは +10% 強程度かなあと推測しています。

指数はやっぱり強いですね。 一時的に上回っても維持することができず、面積で見ると完敗です。 為替も考慮すると上回ったのは最初だけかもしれません。

ARKK は1月以降さえない1年でした。 自分もコアとなる投信や ETF 抜きで個別株に集中してたら、同じような目になっていたかと思われます。

ポートフォリオ

現在のポートフォリオ

APPS はある程度戻して来たものの PLTR に元気がありません。 地合いが改善するまでもうしばらく粘り強く待つしかなさそうです。

預金は 5,6% 程度に削る方向性です。 ただ割合というよりは絶対額を意識しているので、総資産の増減次第で変わってくる面もあります。

資産種別

仮想通貨が元気なく 5% を割り込みました。 時期を見て買い増して調整したいです。

長期的には投信や ETF メインになると思いますが、もうしばらく個別株多めの運用が続きます。

資産全体のうち運用しているのは 91.73% ですが、レバレッジ分を考慮すると 113.44% になります。 投信や ETF メインならもう少し上げてもいいかなと感じました。

今後の方針

山あり谷ありでしたが、全体で見れば上昇傾向の1年でした。 総資産 +50% という目標も少し上回って達成することができました。 ただ入金力と円安によるカバーがなければ厳しいものでした。

2022 年は総資産 +25% を目標にしたいと思います。 この2年間より入金力が下がり、市場環境も厳しくなりそうなので、決して低い目標ではないと考えています。 為替も円高方向に動くとかなり苦しくなりそうです。

一方で個別株の値動きは未知数です。 予想外の伸びで楽々突破、なんて展開も期待します。

源泉徴収票を読み解く

わっかんねー

今年も最後の給与を受け取り、年末調整と源泉徴収票の発行が行われました。 サラリーマンの方は見たことくらいありますよね? 少なくとも会社には交付義務があるので、受け取ってないという人は確認しましょう。

上の方にはこんな感じで数字が 4 つ並んでると思います。

支払金額 給与所得控除後の金額 所得控除の額の合計額 源泉徴収税額
3,000,000 2,020,000 1,020,000 50,000

※数値は適当です

つまり…どういうことだってばよ?🤔

支払金額は 1 年間の給与だなってだいたいわかると思いますが、残りの数字はいったい何でしょうか。 どうしてこういう数字になるのか源泉徴収票だけでは読み取れないと思います。

正直理屈はどうでもいいという方は、最低限両端の支払金額と源泉徴収税額だけ押さえておきましょう。

一番左の支払金額は既に述べた通り 1 年間の給与のことで、いわゆる年収のことを指します。 税法上の「収入」に当たるものです。😁

ちなみに収入から税金や社会保険料などを引いて残ったもの、実際に会社から支払われるものが一般的に手取りと呼ばれます。

一番右の源泉徴収税額がみなさんがお国に支払った税金ですね。 源泉徴収なので毎月の給与などから天引きされており、普段はあまり意識することはないかもしれません。 この例の場合だと 1 年間で 5 万円の税金を負担したということがわかります。😉

ただし毎月の給与の額から引かれた額の合計とは必ずしも一致しません。 毎月の源泉徴収の際は「月給がこのくらいなら所得税はこのくらい取ってけばいいよね」って感じで大雑把に推定して天引きしています。 なので 1 年間で計算しなおすと少しずれがあるものです。 そこで年末調整を行い、払いすぎた分は戻し、足りない分は追加で徴収することになります。

でも…...年収 300 万円で税金が 5 万円? 2% にも満たないとか何かやけに少なくない?😗

適当にでっち上げた数字なので正確ではないと思いますが、規模感は概ね一致していると思います。

少ない理由の 1 つは、この金額は所得税だけだからです。 この場合だと地方自治体に納める住民税が 10 万円ほど別に発生しています。

住民税は翌年の6月から翌々年の5月にかけて当年の分を払うことになります。 時期がずれるせいで感覚的につかみにくいですが、未払いの税金が発生しています。

でも合わせても 15 万円でやっと年収の 5% 程度です。🤨

なるほど なるほど なるほどー

所得税の最低税率が 5%, 住民税が 10% なので、逆算すると 100 万円分に対してしか課税されていないということになります。

年収 300 万円あるのに 100 万円分しか税金払ってない……。 それって…脱税ってコト!?😱

もちろんそんなことはありません。 税金は「課税所得」に対してかかります。 この例の場合は「収入」が 300 万円ありますが、「課税所得」は 100 万円しかないということですね。

課税所得を求めるには、まず「所得」を求めないといけません。 「所得」は「収入」から必要経費を差し引いたものです。

所得 = 収入 - 経費

この例だと「所得」は「給与所得控除後の金額」になります。 つまり経費は 98 万円です。

所得 202 万円 = 収入 300 万円 - 経費 98 万円

ところでこの経費 98 万円はどこから来たのでしょうか? 源泉徴収票には金額の根拠が書かれておらず不明です。

この場合の経費は「給与所得控除」のことです。 つまり「給与所得控除」が 98 万円ということです。

サラリーマンの年収に対して「給与所得控除」は予め決められています。 「収入」が 300 万円なら 98 万円、400 万円なら 124 万円という具合です。😊

なんでこんなものがあるかというと、まず前提として「働いて稼ぐ以上色々と経費がかかるでしょ」という考え方があります。 実際は(特に子供部屋暮らしだと)全然かかってなかったりしますが、そこは考えないことにします。 じゃあサラリーマン一人ひとりに経費を算出させ申告させようとしても無理があります。😜

サラリーマンの大半は怠惰で無気力で無知(暴言)なので、ちゃんと申告することなんてできません。 税務署側だって申告されたとしても、数が多すぎてチェックしきれません。 なので「ざっくりこのくらい経費があったと見なしますね」と決められています。

これは「給与収入」に対する控除なので「給与所得控除」であり、控除後の金額が「所得(給与所得)」です。

しかしまだ「課税所得」ではありません。 ここからさらに「所得控除」を引く必要があります。

「所得控除」としてまずは社会保険料などの各種保険料があります。 この数字は源泉徴収票にも記載されています。

それと源泉徴収票には記載されていない「基礎控除」、これがほとんどの人には 48 万円分あります。

今回の例は保険料が社会保険料だけだとすると以下のような式になると思います。

所得控除 102 万円 = 社会保険料 54 万円 + 基礎控除 48 万円

これで課税所得が計算できます。

課税所得 100 万円 = (給与)所得 202 万円 - 所得控除 102 万円

まとめるとこうです。

課税所得 100 万円 = (給与)収入 300 万円 - 給与所得控除 98 万円 - (社会保険料 54 万円 + 基礎控除 48 万円)

所得税 5万円 = 課税所得 100 万円 × 5 %(195万円以下の場合)

※実際は復興特別所得税でもう少し多いと思います。

ここでもう一度冒頭の表を見てみましょう。 それぞれがどのように算出されているか、もうおわかりですよね?

支払金額 給与所得控除後の金額 所得控除の額の合計額 源泉徴収税額
3,000,000 2,020,000 1,020,000 50,000

源泉徴収票がわかりにくいのは、給与所得控除や基礎控除といった暗黙の数字が隠れているからです。 さらに控除を引いた後の金額(給与所得控除後の金額)と控除の金額(所得控除の額の合計額)が並んでおり、計算式がイメージしづらくなっています。 なので最終的な課税所得もつかみにくいです。 理解してしまえば真ん中2つの引き算で簡単に出せるんですが……。

控除の名前も微妙です。 「"給与所得"控除」は"給与収入"から控除し、「"所得"控除」は(給与)"所得"から控除します。 混乱しますね…。😵

※専門家ではないので間違っていてもご容赦ください。その際はご指摘いただけると嬉しいです。

源泉徴収されていると普段は意識することがあまりないと思いますが、投資家たるもの税制をキチンと理解しておきたいですね。 そうすれば資産形成期に高配当を嬉しがるようなトンチンカンな考え方に陥ることも減るんじゃないかな。

12月4週目の成績

今月の成績は先週までのマイナスからプラスに転じ +1% 程度になりました。 欲を言えばもう少し上がって欲しかったですが、ここから年末に向けて +5% くらいまで伸ばしたいところです。🤑

今年もあと1週間ですが、年間成績はそこそこのプラスで終わることができそうです。 個別株で遊んで少し火傷することもありましたが、幸運にも市場環境に恵まれ単年で見ればかなり良いパフォーマンスだと思います。 指数に負けてるのは秘密だぞ!🤣

ブログが1年間続いた

デヴちゃんは語りたい

2021年ももうすぐ終わりです。(もう終わりだよこの年)

このブログを振り返ると、初記事はちょうど1年ほど前の 2020/12/20 に投稿していました。 それ以降は最初の頃である年末年始以外週1ペースで投稿を続けてきました。

正直自分でも少し驚いています。 昔も全く別のテーマでブログをやってみようと思い立ったことがあるのですが、結局まともに記事を投稿することなく消してしまいました。😜

今回も年末年始の休み中はできたとしても、仕事が始まったら続かないかもなんて思ったりしてました。 やるとしても土日に1記事程度が限界だろうなと思い、実際にもそのペースで書き続けてきました。

毎日書いている人は本当にすごいですね。 よくそんなに書くネタがあるなと。 それに勤め人なら時間も気力も足りなくならんのかなと。 本当に仕事してるのかわからないような人はともかく、結構エリートっぽい人もいます。😲

中身はスカスカだったりするけど...(← 人のこと言えない)。 逆に言えば「こんなもんでいいよな別に」と勇気をもらうことができたと思います。

個人が暇な時に好き勝手書いてるだけなんですから。 高尚なものだとか、誰かの役に立つ必要はないんです。🤪

このブログも最初にこう宣言してます。

「ブログやツイッターに関しては、大切な交流・情報共有の場と考えています。マネタイズは一切興味なしです」😤

交流とか情報共有できているかは置いておくとして、アフィリエイトなどで収益化を目指しているわけではありません。 内容は自由気ままではありますが、書くこと自体を目的にして書いてきました。

実を言うと今でもまだ結構負荷は高いです。 目安としては時速 1000 字くらいで書きたいなと思っていますが、実際の生産性はもっと低いです。 客観的に見ればかなり贅沢な時間の使い方をしていると思います。

何にせよ 2021 年の目標の1つである「ブログを継続する」は達成できそうです。 今後も続ける意味があるかは微妙なところですが、文章の練習にはなると思います。 あとは資産状況のスナップショットとして残しておくのも悪くないとは思っています。

本質的にはローカルに保存しておけば十分ですが、外部に公開すると思うからちゃんと取り組めるという面もあります。

デヴさんは、コミュ症です。

今後も週1投稿は続けられると思いますが、交流面はどうでしょう。 一応ブログのコメント欄はゲスト OK で承認不要に設定しているはずですが、いまだに 1 件もありません(見落としてる?)。🙃

Twitter でもっと絡みにいかないといけない気がしますが、知らない人に話しかけるの苦手なんですよね。 匿名でネタコメントを書き捨てるくらいならいいんですが、HN 使って真面目に話すとなると距離感がわかりません

基本的にいいねもしないし、ほぼ ROM 専なんですよね。 フォローしているからといってちゃんと読んでいるわけでもないですし。

むしろフォローしてなくても PC のブックマークに入れて観察している人もいます。 某ちーず🧀とか全裸の人とか。

え、何でフォローしないかって? だって友達に噂とかされると恥ずかしいし…。 フォローしてるだけで巻き込まれブロックされそう。🤧

ブログ村にも一応登録しているけど、「気に入ったらバナーをクリックよろしく」と誘導もしていません。 自分も他人のバナーを踏んだことがないし、他人に与えてもいないのに乞食するのもなあと。

アクセス数は見方がよくわからないですが、1記事書くと2日でだいたい20人程度かなあ。 多い時は50人程度あるみたいですが。

アルゴリズムは知りませんが、注目記事という機能で比較的人気の記事はわかりそうですね。 現時点はこんなかんじ。

f:id:dev4invest:20211218230014p:plain
注目記事

ちなみにある時点では注目記事タイトルのジャンルは以下のような感じでした。

…… PV 稼ぎたいだけならもう投資ブログなんて名乗るの止めて、もっと下世話な話題を追いかければよさそうです。 それと毎日書くのも。やりませんが。

12月3週目の成績

今月の成績は先週と同じく -3% 台ですが若干悪化してます。 FOMC 通過で上がったかと思いきや、まだギクシャクしている感じです。😪

損出しを行い今年の確定利益はほぼなくすことができました。 本当はマイナスになるはずだったんですが、特定口座の仕組み上同日に同一銘柄を売買すると買いが先にあったと処理されるようです。 そのせいで取得単価が想定より下がっていませんでした。 結果的には確定利益がちょうど ±0 付近に調整出来た形となり、悪くなかったです。👌

今年の取引はもうない予定です(仮想通貨は少し買って割合を調整するかも?)。 あとは年末ラリーに期待して、上がるのを祈ります!🙏

思っていたよりは悪くない

アンダーパフォーム

以前「爆益が止まらない(止まるんじゃねぇぞ)」という記事を書きましたが、 その後1週間ほどで投資成績はピークを迎え、そこからは急降下しています。 見事なフラグ回収でした。😂

それで今週の記事は来週あたりが底になると予想して「爆損が止まらない(なんとかなるなる)」にしようかなと考えていました。 爆損芸をしつつ相場が反転することへの願掛けをするという戦略(?)です。

なんてことを考えていたら今週は少し反発してしまいました。 まだ下がるかもしれないですが、一旦は下げ止まったと言えそうです。

そしてここから大崩れすることも、余程の事がない限りはないでしょう。 今よりは高い位置で来年を迎えられるんじゃないかと思っています(希望的観測)。🙏

そういうわけで今年の年初来利回りが最終的には +20% 前後になると予想しています。 これはちょっと保守的で、 +25% 前後が可能性としては一番高いような気もします。 高いと予想というよりは願望に近くなってくるのと、期待し過ぎないようにするために想定は低めにしている感じです。

ところで VTI は今 +20% 強ですか。 追いつく程度には上がって欲しいですね。

ただ前にも言っている通り私の成績は円ベースですから、比較するなら為替のことも考えないとフェアじゃないです。 ドル円は年初来 +10% くらいで、追加入金は年初総額の3分の1程度あるから……、えーとよくわからない。🤔

全部がドル建て資産というわけでもありません。 またドル円は3月頃に 110 円前後まで一気に上げているので、追加入金分への影響はそこまで大きくないと思います。 なので……多くても +6,7% くらいかなあって思ってます。

為替分を引くと余裕で指数は下回りそうです。 でも印象よりは悪くないと感じました。

5月には半分以上の個別株を損切りする羽目になったのですが、今見ると金額的にはイメージより大したことなかったです。 PERI と SOXL で十分カバーできていました。

あとはやっぱり VGT や指数系の投資信託が安定して強い。。。 ナスレバを仲間に入れていいかは微妙なところですが、個別株なんかよりは100倍安定しています。💪

他人に薦めるなら全部オルカンでいいよって言います。 運を味方に早く金持ちになりたい(欲豚)とか、ブログのネタ(アフィや爆損芸)にしたいとかでなければこれで十分でしょう。

普通は夏より多い?

そういえばボーナスの時期ですね。 ネット上でボーナスの報告を目にする機会が増えてきました。

先日伝えられた私のボーナスの額は、なんと予想していたよりは多かったです!!😲

まあ元々の予測値がかなり保守的、というより悲観的過ぎたというのもあります。 それに額だけ見れば夏より少ないんですがね

業績自体はそんなに悪くないという話が聞こえています。 利益はむしろ増えたとか。 といっても経費を頑張って削ったおかげもあるらしいので、楽観視できるほどではないのかもしれません。

結局のところ売上さえあれば、利益は経費を調整することでコントロールできるという話なんだと思います。 AMZN なんかも見かけの利益は全然なかったりするし。

賃上げ税制の話もあるので、もしかしてどうせ出すなら来年の賞与にするという思惑があるのかもしれません。 制度の中身をよくわかっていないので、的外れかもしれませんが。

何はともあれ引っ越し等で色々と現金が必要なので、上振れする分にはありがたいです。 もちろんなくても大丈夫なようにやり繰りはしていますが、投資に回せる分が増えるので嬉しいです。😋

12月2週目の成績

今月の成績は先週の -4% から少し回復し -3% になりました。 水曜にはプラ転する程度に反発しましたが、後半はまた下がりました。

損出しはまだやっていません。。。 面倒くさいという気持ちと確定利益を圧縮したいという気持ちがせめぎ合っています。

仮想通貨の元気がなくなってきているんですが、 BTC の年末1000万円は間に合いますか? 2倍程度なら上がる時は一気に上がりそうなので、もしかしたらまだあるんでしょうか。 逆にさらに下がるようであれば買い増しして、ポートフォリオに対する比率を調整したいと思います。

そうだ 資格、取ろう

○○△

最近資格を取得する意欲がふつふつと湧いてきました。 きっかけは会社の都合で受けないといけない試験があるからです。 勉強法などを調べているうちに他の資格にも興味を持ちました。👀

どうせ勉強する習慣はつけないといけないし、それならついでに他の資格も取ってみようかなと。 今のままだと休みの日は無為に過ごすことになりそうですからね。 何でもいいから目標を立てて、それに向かって動くと毎日が充実しそうです。

こんなことを言うと「何の意味があるの?」と思う人もいるかもしれません。 確かに時間もお金もかけて取ったところで、それが仕事上必要とか稼ぎにつながるわけでもないと無意味に感じられるかもしれません。

もちろん他にやりたいことがある人はそれをやればいいと思いますよ。 家事とか子育てなど生活上やらないといけないことや、スポーツとかゲームなどの趣味でもいいです。

私の場合、資格取得は趣味的な意味が大きいです。 確かに年収を上げるためとか考えると努力の方向音痴感がありますが、面白そうだからやってみるなら別にいいじゃないですか。 ゲームをクリアしたりハイスコアを狙うような感覚です。🤗

効率を考えると微妙ですが、もしかしたら転職にも役に立つかもしれません。 資格欄に運転免許だけだと少し寂しいですからね。

少なくとも「ブログがPVランキング1位を独走」とか「センター試験国語180点」とか書くよりは役に立ちそうです。 ……いや SEO とかマーケティング系の仕事なら割とアピールになるのかも? 表現方法や使い方に気を付けないと人間性を疑われそうですが、すこしぶっ飛んでいるくらいでちょうどいい仕事だってあるかもしれません。 こんな人ばかりだと会社は回らないでしょうが、少しだけとか、会社員ではなくフリーとしてやるなら大丈夫でしょう。

汝平和を欲さば、転職への備えをせよ

振り返ると以前も資格試験を受けたことは何度かありました。 2,3 年前に受けた簿記は落ちてしまいましたが...。 会社に取るように言われた資格は受かりました(何の役に立つのかはわからない)。

子供の頃は英検を受けたような覚えがあります。 確か3級までだったかな。 社会人として受けるなら TOEIC でしょうか。

募集要項などに記載している企業もあるみたいです。 明確な基準点はあまりないでしょうが、参考程度にはなるでしょう。 点数自体よりも、学ぶ姿勢とか自己研鑽の意欲が見られるような気がします。🤔

目標点数は……、うーん、どうだろ。 730点が1つの基準っぽいです。 一見中途半端ですが、990点満点から 130 ずつ下げて 860, 730, 600 という感じみたいです。

600 は平均レベルくらいなのでまずここを目指し、その1段階上も狙っていこうかなと思っています。 平均といっても受験する層の中での話だと思うので、そんなに簡単というわけではないと考えています。😤

ワクワクしてきました。 上でも書いた通りゲーム感覚だと楽しめますよね。 攻略情報を参考にあれこれ手を打ってステージをクリしたり、ハイスコア更新を目指したりするわけですよ。

ついでに仕事とか転職に役立つこともあれば儲けものです。 直接的な費用対効果は微妙だとは思いますが、あくまで副産物として考えれば問題ありません。😉

株式投資と同じでこういうのも積み重ねですね。 すぐに結果が出ないからといって何もしなければ、10年後20年後もずっと同じままです。 1歩ずつでも着実に歩みを進めていくと、将来大きな差になることでしょう。

どうせ意味がないとか自分には無理だからとか、言い訳して開き直るようなことはしたくないです。 もちろんあがいたところで上手くいかないことだってあるでしょう。 その時は笑い飛ばすしかないです。 たとえ結果に繋がらなくとも、前を向いて上を目指していきたいと思います。

大人しく格好つけて諦めんな!😝

12月1週目の成績

今月は -4% という滑り出しです。 先月終盤から続く爆損の流れが止まりません。🤣

今年の目標としていた年初来総資産 +50% には黄信号が灯りました(フラグ回収早すぎ!)。 今月の収支予測だと今のままでは割り込みます。

主力個別株や3倍レバレッジ ETF は損出しも兼ねて一旦売却し、ポートフォリオを再構成しようかと一瞬思いましたがやめました。 今年の確定利益はむしろ増えてしまうので。 やるなら PLTR 単独で買い戻すくらいかなあと。